ブロンド美女あらわる

2019.01.16 Wednesday

0

    15日までの松の内は過ぎちゃいましたが

     

     

    2019年 開けちゃいましたね、ことしもどうぞよろしくね!!

     

     

    というわけで

     

    新年開ける前だったんですけれども

    新年用にPOPPO CAFEで デコ(デコレーションの略)を取り換えていたらですね

     

    突然見知らぬ "西洋人女性らしきアバターさん" からIMが来ました

    ネームが西洋人女性っぽく 英語での話しかけだったので

    そのように思ったんですね

     

    わたし、見知らぬアバターから 直接 個人へメッセージ

    (IMと呼ばれるもので、外からは見えない会話ができます)が来たときは

    そのアバターの ”プロフィール” を開いてみて、どんな感じのひとなのかを

    確認するようにしているのですが

     

    どうやらそれはいわゆるエスコート嬢と呼ばれる方からのようでした

     

    エスコート・サービスをする女性なので、「エスコート嬢」

    エスコート・サービスとは有料の性的サービスのことです

     

    朋爺は中身中年女性とゆうこともありますが

    とりあえずアバターが爺さんということで、アバターを見て声を掛けたのかもしれない

    とも思い

    (朋爺、現役と思われたのかしら!?枯れてない?ともじいー)

     

    いや

    何かの勘違いか間違いかもしれぬ

     

    いや POPPO CAFEの場所は高度もある程度ありますし

     

    近くには誰もいない状態でしたので

    こちらのプロフィールもおそらくは開いて ご覧になって

    それから声をかけてきてくださってるはずなのです

     

    ふむむむ...

     

    しかし本当に勘違いかもしれないので

    英語の語り掛けを無視して日本語で

    「いやいや、サービスを利用することはないと思いますので」

    的なことを答えました

    なんで日本語で答えたかとゆーと

    その方のプロフィールにカタカナ表記がいくつもあったからです

     

     

     

    百八つ 美女の悩みに 響くあいづち

     

    ごおおーーん。

    その方にお会いしたのはべつに大みそかではなかったんですけれども

    年の瀬迫る時期ではありました

     

    わたくしの No, Thank you に、その方はなんと

    「実は お話があって 話しかけました」とおっしゃる...

     

    そこで、POPPO CAFEにお呼びして お会いすることになりました

    到着したその方は、ブロンドまぶしい美女さんでした

     

     

    座卓挟んでお話する朋爺と美女さん

    なんか「おじいちゃんに説教される孫娘」みたいにも見えるねw お正月から小言いう爺さん

     

     

    さてふたりはどんな話をしたのか!?

     

    あんまり長くなると書くの疲れちゃうので(そこか)

    次回!

     

     

    冬は半分 中の人も "冬眠モード" なのでした ゆっくりでごめんね.

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:大人の発達障害

     

     

     

    1